カテゴリー「釣り」の6件の記事

2007年9月 3日 (月)

鰯のその後

Pc1000021                                                    
今日撮影したので、
だいぶ色が悪くなってしまった・・。
←いわし

Pc1100031   
←さばいた後

今日は鮮度が落ちたので、
つみれを作りました。

それでも売ってる鰯よりは、
鮮度がいいので、ピンク色です。
釣りたては、身がもっとしまっていて、
ピンク、赤がくっきりとしています。
港から、これくらいのサイズと数が釣れることは、
あまりないので、ラッキーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

in 真鶴

Pc0700101 海、磯遊びと真鶴に行ってきました。
釣りも港から少しだけやってみたんだよ。
いわしが49尾釣れた♪
サイズは、そんなに大きくなかったけど、

          おいしく刺身にして食べたんだ。
Pc0700111 子供達も喜んで、やってた。
磯遊びやら、釣りやらをしていると、
あっという間に時間が経ってしまう・・。
←これは、亀です。(見ればわかるよね)

                      水槽がお店にあって、泳いでいました。
Pc0700013 海水浴シーズンも終わり、
天気もイマイチだったので、海はガラガラ。
いつもうちの子供たちは、
ガラガラの海で遊ぶので、そんなものだと思っているかも?

そして、潮が引いて、石の上を歩くとかなり滑る。
気温が低かったので、普通に洋服でいたんだけど、
ステン、スッテン、転びまくる子供達。
洋服、びしゃびしゃ。
結局、水着になり、思う存分、滑ってもらった。
何十回って転んでたんだもん。
海にも少し入って遊んだりもしてたけどね・・。
カニや小魚を採って、海を満喫。
我家の海での遊び方は、毎回、こんなかんじかな。
パパが、どんな所に、どんな魚や生き物がいるか?
なんてことを教えてました。

そして、釣りをしてた時、
ファミリーで遊びながらやっているとさ、
けっこう、勘違いされるんだよね~
素人扱いし、変なこと言ってきた人がいた。
その方は、非常に失礼な方で、
私がまいたエサに、平気で寄って来て、釣り糸を垂らしにそばに来た。
普通、人のまいたエサにさ、
堂々と、乗り込んでくるようなことしないでしょ。

マナーのない奴だなぁ・・。
(当然、私は露骨に表情に出てたと思うけど・・)

何やってんだろ?この人??
そのエサとしかけで、何釣るつもり??
そー言えば、さっき、話しかけてた人いたな・・。
なんか変な答えしてた気がする・・。

そして、夫に話しかけてきた。
しかも、釣りのアドバイスを言ってきた。
夫は普通に答えた。

道具片付け、すぅ~といなくなった。
アハハハハ、わかればいいんだよ。

そして、観光のおばちゃん、おじちゃんがワンサカ来た。
大騒ぎでいろいろ質問してくる。
そして、MEが魚を釣った。

「キャァ~~、すごいね~」拍手。

MEの顔、ちょっと誇らしげでおもしろかった。

そんなこんなで、海2日間はあっという間に終ってしまった。
今年の夏は終わりだな・・。
なんか、釣りやりたくなっちゃったなぁぁぁぁ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

潮干狩り

潮干狩りの季節がやってくるな~
貝をまいている所には行ったことがない。
やっぱり、天然が一番。
距離的に、金沢八景の海の公園に毎年行ってました。
しかし、ここ数年、行ってないので、今年は頑張ってみようかな・・。
シーズン中は駐車場がいっぱいになってしまうので、
朝の4時到着!ってかんじかな。
はっきり言って、何する人?という格好。
まだ、5月くらいだと、気温は高くても水温が低い。
みんなの潮干狩りの格好は、ビーサンに、短パン、半袖、帽子。
海に遊びに来ました~ってかんじ。
我家は、長靴の中に長ズボンが入り、長袖着用。
朝が早いので、けっこう寒いし、海風もひんやりなことが多い。

あっちでも、こっちでも、お父さん頑張る~
「冷てぇ~」とあっちこっちで悲鳴・・・。
中には、けっこう腰のあたりまで海水に浸かっている人なんかもいる。

満潮から少しずつ潮が引いていく時間帯から頑張るわけなんだけど、
潮干狩りは干潮の時間に行けばいいというものではない。
干潮の時間帯は、大変混雑する。
混雑する前から楽しむのがいいと思う。
コツがわかるまでは、無駄な努力をすることになるが、
それもまあ、楽しいと思う。
潮干狩りは、大人が夢中になってしまうので、
公園のアナウンスは迷子放送が頻繁に流れる。
子供そっちのけで、貝・・貝・・。
ハッと気付くと、最初にいた場所から離れ、
子供を捜してもいない。
そんなファミリーがけっこういます。

Siohigari←立ってるのは、YOUではありませんよ。
   (勘違いした人いてびっくり!)
以前、子供が小さい頃、
おんぶして潮干狩りをしたこともあります。
きつかった~(夫と交代で・・)

翌日には、筋肉痛と腰痛で体がガタガタになる。
立ったり、しゃがんだりの繰り返しだもの。
でもね、
天然のあさりは本当においしくて、
砂抜きをしなければいけないので、すぐには食べられないけど、
あさりのだしだけでも充分おいしいです。

今年のGWあたりは、いいかんじだけど、
サッカーの試合があるので、行けないかな・・・。残念・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

カレイ

過去一番の大物記録がカレイ。
なんと34cm。
この時こそ、まさにイメージ!
釣りの本は私は読まないんだけど、
たまたまこの時は、読んだんだよね。

カレイを釣る時に、
しかけを投入し、底に着いたら、
2バウンド。ポン・・。ポン・・。と
すると、砂煙が舞って、しかけが見えなくなる作戦。

いつも、私の餌に魚がパクパクとイメージする。
このイメージしながら釣るのが、楽しい。
そして、私の場合は、短気なので、
このイメージが描けなくなったら、糸を巻く。
なんて、簡単な釣り!

いつものようにイメージしながら、
ポン、ポンと何度か繰り返し、
かかっちゃったんだな~
すごい重たいやつが!
これは大物の予感!
ジワジワとリールを巻き、
お願いだから逃げないでね。と祈りながら・・。

きた~すごい。

竿が折れるか、糸が切れるか・・。

いや~、無事に釣りあげ、その大きさにびっくり。

しかし、その日は、
あと午後にもう1枚まあまあサイズのカレイをGET。
そして終了。
夫は、一生懸命ボート漕いで、準備して、車も運転して、
アハハハ。
何も釣れなかったんだよ~
そんなこともあるから、おもしろい。

カレイは唐揚にして、おいしくいただいたんだ。
あの味、忘れられないな~
おいしかった~

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水)

鯵 

P6210001 これは、ボート店のご主人からいただいたもの。
とても、嬉しかった~
最近は、年に1度くらいしか、伺ってません・・・。
行きたい気持ちでいっぱいなんだけどね。

鯵(あじ)
回遊魚なので、釣るのはけっこう四苦八苦・・・。
魚群探知機を使って追いかける。
通称、魚探と呼んでいる、この話は後日にでも。
釣りたての鯵は、本当においしいよ。
スーパーで売ってる鯵とは比べ物にならない。
まあ、どんな魚でもそうだろうけど・・。
海にもポイントがあって、そのポイントをとらえる。
しかし、手こぎボートのアンカーってすごく重たい。
それを思うようにコントロールする。
風と潮の流れを計算して・・。
まあ、これは全部夫がやる。
私は、いつでもすぐに竿が下ろせるようにスタンバイ。
魚探の反応が出ると、もう、大慌て。
ピピッピピピって音がなるんだ。
竿を入れるとすぐあたり!やった~
なんか、あたり細かいよね・・。嫌な予感
棚が上すぎるしな~
ふ~やっぱ、こいつか・・。
いわし君でした。
ちなみに鯵の棚は底。
そして、真夏には、横に走る魚。
サバ。これも厄介なんだよね~
暴れるから糸ぐちゃぐちゃになっちゃうんだもの。
鰯はサイズがとても小さいし、サバは油がなくあまりおいしくなかった・・。
おいしいサバもいるかも?しれないけど・・・。
しかし、鯵はサイズがどうであれ、おいしいんだ。
身がコリコリしてて、いくらでもペロリだよ。
子供達も大好き。
「もっと、ちょうだい」って言われるんだけどね~
なかなか釣るのが難しい。
だって、回遊魚だよ。
えさがなかったら、あっという間に、他へ行っちゃうじゃん。
鬼ごっこみたい。
透明で背のピンクのキラキラ・・・。
夏になったら、会いたいな~

| | コメント (2)

釣り

P9180003
釣りは、私達夫婦の趣味となった。
きっかけは、独身時代に夫に誘われ、海へ行ったのが始まり。
基本的に、海しかやらない。
釣りの目的は、魚を釣ることと、おいしくいただくこと。
おいしくいただけなければ、おもしろくないのである。
釣りのスタイルは、ボート釣り。手漕ぎボートを借り、夫が頑張って大海原へと漕ぎ出すのである。たまに磯もやったりもしたが、やはり、釣果はイマイチ。
詳しい珍道中はゆっくりUPすることにしよう。

| | コメント (0)