« 元気に報告 | トップページ | スッキリ! »

2008年2月17日 (日)

たま~に、ストレートな記事を書いてもいいでしょうか??
極力、反感が生まれないように、生きていくつもりではありますが、(笑)
たまには、本音の記事も書きたくなります。
こんなくだらないブログなので、真剣に反論しないでいただきたい。
それが私の願いです。
元々、穏やかな性格ではない私なので、
ご存知の方は、私のキャラでふ~~~ん。というかんじだと思いますが、
全くご存知ない方は、活字だけの言い回しで判断することかと思います。
腹が立ったら、閉じて下さい。
お願いしますね!

次はどうする?
どこへ行って、何を学ぶ為にサッカーをやる?
全てを網羅するには、足りない現実。
何が我慢出来て、何が我慢ならぬか・・・。
自分の子供中心に考えるつもりも、全くない。
綺麗事だけを、ここに書くつもりもないですよぉ・・。
そして、我家だけでなく、
行き詰っている子供達も存在するに違いないと確信しています。
しかし、これは、毎回、イヤになるほど、世間様は誤解をする。
誤解をしている方々への、反論もするつもりも全くありませんが・・・。

サッカーは、理不尽な曖昧なスポーツかもしれない。
例えば、短距離走の様な記録を測るスポーツなら、記録が真実であろう。
個人競技であれば、1対1の勝負が真実。
では、サッカーはどうであろう?
一人では出来ないスポーツであり、各々の実力を評価するにしても、
評価出来るだけの土俵でなければならない。
よく耳にするのが、
たかだが・・・。たかだか、8歳。たかだか小学4年生・・・。
などと、曖昧な表現の元の一般人の査定。
年齢が何歳であろうとも、
各々のレベルにあった、育成を受けることは出来ないのだろうか?
必要とすべく、育成を誰もが望んでいるはずなのに、現状はそうではない。
J下部組織のチーム。町の誰もが入れるチーム。
差がありすぎる。
ピラミッド型ならば、容易く、自分のレベルと共に向上させていくことが出来る。
しかし、現実は、プッツリと遮断され、行く道さえ途絶えてしまうのが現状である。
何かをどうして欲しいなどとは思わない。
しかし、この現状が、苦渋の決断の元に、
素人が育成の現場に立つという事態が生まれる。
必ずしも、万人にとっての指導が出来る保証もなく、
中には、人間の尊厳さえも失う場合も生ずる。
もちろん、人間の尊厳を重視とした、立派な指導者になられる方もいらっしゃるとかと思います。
私は、今の現状を変える力はない。
自分の子供を守ることだけで精一杯である。
我が家の場合、こんな気持ちになってしまいました。
潰されてなるものか。
技術を向上させればさせるほど、向う壁は分厚い。
そんな時、
救われるのは、子供の笑顔。
純粋にサッカーが上手くなりたいという顔。
丸いボールを必死に追いかけ、無邪気に笑う。
毎日、苦しいボールとの練習をしているはずなのに、ボールを嫌いになることはない。
嫌いになるのは、ボールではない。
これが、真実だと私は思う。

|

« 元気に報告 | トップページ | スッキリ! »

コメント

どれが子供にとって正解なのかはっきり言ってわからないですよね!!
日本は現状そういう育成環境なんだなーーと最近痛感しています。親としては最善の手を尽くそうと思いますがそれが最終的に、いいコーチに巡り合っていい環境に巡り合うかがイコールにならないもどかしさがあります。
はやくYOU君にとって最適なところが見つかるといいですね。
うちも常に今の環境で良いのかという気持ちに追いかけられているような気がします。

投稿: jiro | 2008年2月17日 (日) 18時49分

活字で伝えることの難しさの中、ご理解いただけてありがとうございます。
これから子供達は様々なことを学んでいかねばならない中、
大人の思惑に振り回される事態だけは、避けたいと思っています。
純粋にサッカーを学べる環境がない現状であり、
荒波に向って進んでいるのかもしれないですね・・。

投稿: KOKO | 2008年2月17日 (日) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207235/40156814

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 元気に報告 | トップページ | スッキリ! »