« MEが連れてきた | トップページ | ぬか漬け »

2007年6月27日 (水)

先日、MEがパパに嘘をついてしまった・・・。かなりヤバイ・・。
我家では、絶対に嘘は許さない。
なぜなら、人間の基本だと思うから。
一度嘘をつけば、また、嘘をつく。
嘘が嘘を呼ぶ。

幼児期の子供は、嘘が防衛本能だと何かで読んだ。
しかし、小学生の嘘はどうなのであろうか?
親の前ではいい子。
陰では、何をやっているか??

子供の話だと、小学3年の子で、
すでに物を盗んだりする子もいるそうだ。
親は知らない。
噂になって、他人は皆、知っている。
目撃情報まで聞くくらいだからね・・。
まあ、盗みと嘘は別物ではあるが・・・。

大人になっても、平気で嘘をつく人がいる。
こっちでの話とあっちでの話が違う人。
結局、どちらにもいい顔をしたいのだろう。
私は、誰に何を言われようとも、
人の気持ちも考えないで、嘘をつく人間は遠慮だな。
嘘をつかれる気持ちってさ、
本当に心から悲しいよね・・・。
でも、いつも思う。
人を信じない自分より、人を信じて裏切られる方がいいな。って。
もちろん、凹むよ。
だけどさ、バカかもしれないけど、
それが自分だし、
信じることが出来る大切な人々が、私の周りにはいる。
たった一人なわけじゃないもんね。
そんなふうに、思えるようになった。
だから、嘘をつかれても、責めるようなことはしない。
自分が少し悲しいだけの話。
そして、二度と信頼はしない。

本題に話を戻すと・・。
そして、MEは本気でパパに怒られ、
かなりすごかったよ・・・。

「おまえは、仲間じゃないのか!」

「仲間辞めたいのか!」

ただ泣くしかないMEだったけど、
これは、大事なことなので私は夫にまかせた。
そして、一番悲しい思いをしたのは夫だった。

怒った後に、
「なんか、何とも言えない気持ちになっちゃったな・・。」

私は
「ありがとう」と一言だけ、夫に言った。

そして、怒った後は、
MEとずっとそばにいて、抱きしめてあげていた。
翌日も、MEとずっと一緒にいろんなことをしていたよ。
厳しく叱った後はさ、
自分も苦しいし、子供も傷つくからね。
これで、MEが学んでくれたらいいんだけどね・・。

以前に2回、
YOUはリフティングの数を嘘ついたことがある。
1度目は、新記録の嘘。
2度目は、スクールの最中に次を早くやりたくて、
終ってないのに、終ったことにしてしまった。
そして、3度目はない。
たぶん、嘘の代償を知ったからかな・・。
数え間違いも確かにある。
やっているうちに、わけわからなくなることもたまには・・。

しかし、そんな嘘をついても、
サッカーが上手くなることはないんだよ。
出来なくてもいい。
出来ないから練習してる。

1度目の時は、その嘘の記録を出すまで、
死ぬほど練習させた。
自分で言ったことは、自分で責任を取る。
2年生の頃だったかな・・?
かなり大変だったと思うよ~
出来るまで、全部好きなことは、禁止にしたんだもん。

そして、2度目。
この時は、サッカー禁止にしたんだよね。確か。
だいたい、サッカーに対して失礼でしょ。
そして、コーチに対しても。
ボールも触らせなかった。
まあ、2~3日の話だけどね。
自分の練習に嘘があるなんて、考えられないよ。
嘘が許されればさ、また、嘘。
そして、嘘が平気になっちゃうよ。
苦しい練習になると、数をごまかすようになる。
これからの、練習が汚れたものになり、
そんな精神で、サッカーが上達するわけないでしょ。

正直、嘘をつかない人なんかいないと思う。
一度や二度、誰でもあるはずだし、
子供の頃や、若い頃には、
罪悪感にかられながらも、嘘をついたこともあると思う。
嘘をついてしまった時に、
罪悪感があるか、ないか、が大事なんじゃないかなぁ。
子供には、その罪悪感を教えるために、
必死になって教えているってことかな・・。

子供は、嘘がいけないということを知るために、
嘘をつくのかもしれない・・・。

|

« MEが連れてきた | トップページ | ぬか漬け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207235/15573136

この記事へのトラックバック一覧です: :

« MEが連れてきた | トップページ | ぬか漬け »